薄毛という外見へのショックも去る

脱毛症·脂漏性

治療はすぐに効果が現れるものではないらしい。髪の毛には生え変わりのサイクル数年周期があるため、短期間では効果はわからない。最低でも3ヶ月、通常は半年ほどかかる、と。治療を受けるのなら半年間は続けて欲しいと説明があった。
経済的な負担は確かに大きくなるので、集中的な治療期間が終わったら来院周期を長めにする、などの対応はできるとの事だった。1年から1年半くらいで治療の効果は頭打ちになるらしい。だいたい、ひと通り治療についての説明が終わり、診察を受けるかどうか聞かれるので、と即答。「はい」ま、もともとそのつもりだったので。カンセリングルームから出て待合室で待っていると、すぐに呼ばれ、頭部の写真撮影。専用の部屋に入って写真を撮る。写真をとって客観的に見つめ直して改めて思った。うーん、薄いなぁ....それから、一日部屋を出ると、すぐに奥の診断室に呼ばれた。医師の診察その日担当してくれた先生は院長(女性)だった。院長なので40歳は過ぎているはずだよな……と思いながら診断室のドアを開けると、院長はぱっと見30代前半くらいの印象だった。
というか、年齢不詳だった。実年齢は40歳を過ぎていると思うんだけどな……。しかし、こういうクリニックなので、医院長先生をはじめ、スタッフの容姿にはかなり気を使っている、と感じた。AGAの治療を行う医師がハゲ散らかしていたら説得力がなさすぎるだろう(笑)※2017年8月現在、城西クリニック福岡の医院長は、男性の医師に代わっていますともかく診察。頭皮の油分を調べるパッチテストを受けた。あぶらとり紙の進化した高級版(?)みたいなものを頭皮にペタペタして、どれくらい脂が付くのか見る。生え際と頭頂部の2箇所。意外にも、生え際と頭頂部で脂の付き方が全然違う。自分としては、頭皮全体が脂っぽいと感じていたのだが、実際には頭頂部はあまり油分がないみたいだ。先生の説明によると、誰でも生え際の方が脂っぽく、頭頂部は乾燥しやすいらしい。顔でもTゾーンは脂っぽくなりやすく、Uゾーンは乾燥しやすいのと同じように、頭皮にも場所によって脂っぽくなりやすい場所と、乾燥しやすい場所があるらしい。僕自身はかなり脂っぽい方ではないか、と自分では思っていたのだが、先生に聞いてみると、そんなに多い方ではなく、むしろ頭頂部は乾燥しているくらいだと言われた。で、僕の場合、洗浄力が強いシャンプーを使うと、頭頂部は乾燥しすぎてしまうのでしっかり保湿をする必要があるらしい。
脂っぽいからしっかり洗わないといけないと思い込んでいた僕には衝撃の事実。やっぱりこういうところは自分ではわからないから、専門家に見てもらって素直によかった。それから治療の説明。これはさっきカウンセラーさんから説明された内容とだいたい同じだったが、治療の内容がちよっと詳しく聞けた。

植物は枯れます。

投薬による治療。基本的には、AGAの進行を抑えるプロペシアフィナステリ ド。発毛を促進するミノキシジル。この二つを併用して治療を進めていく。ミノキシジルに関しては、リアップみたいな頭皮に直接塗るやつも効果はあるのだが、経口で摂取すると塗るものよりもはるかに効果が高いとのこと。実際に、ミノキシジルは元々血管を広げるための「飲み薬」だったらしい。なので、ミノキシジルに関しては塗り薬と飲み薬葉の両方を使っていく、と。普通、ミノキシジルは塗るだけで、飲み薬を処方しているところはないらしい。これが効くんだとか。なんか話を聞いていると、すげーフサフサになりそうな気がしてきた(笑)実際の症例を見てみると……
最後に症例を見せてもらった。確かにほぼすべての人が治療後は毛量が目に見えて増えていた。が、かなり個人差は激しい。「もう、昔禿げてたなんて言われても信じられないよね!」ってレベルでフサフサになっている人もいれば、「うーん、確かに増えてはいるけど、これじゃ治療の甲斐がないんじゃないかな……」という人もいる。傾向としては、若い人ほど治療の効果が高い。やはりもともとあまり症状が進行していなかった人ほど改善が顕著だ。それと、正直、元からほぼ毛が無いレベルの人つるつるに近い人は、「確かに生えてきてはいるけど、これはバゲだよね」って感じだった。確かに個人差はあるけど、こうやって治療がうまく行った例だけでなく、結果が微妙な例も包み隠さずに見せてくれる点は非常に信頼できる、と感じた。ただ、「治療、受けられますか?」と、聞かれる。「はい」と一言答えた。僕はそれから治療承諾書にサイン。ついでなので、遺伝子検査も受けておくことにした。先生は、料金も高いし、遺伝子検査はあくまで「傾向」を調べるものなので、特に受けなくてもよいと言っていたが、個人的に「自分の遺伝子配列がわかるってすげ!」と、興味本意で受けることにした僕は理系
診察後、採血して終わり診察が終了すると、別室に移って採血だった。薬は肝臓で代謝されるので、肝臓の機能が低下していないか見るための血液検査だ。看護師のお姉さんがぶすっと採血してくれた。

 

知っておきたい毛髪の仕組み

(誤解なきように書き加えておくと、おねえさんは非常にフレンドリーで楽しい方だった)初診の全行程は終了。これで、かかった時間は2時間弱だった。このクリニックではシャンプーも売っていて、それがスカルプDだった。もともと知っているシャンプーだけど、髪がゴワゴワするとの口コミが多かったので、まだ試していなかった。しかし、ここの先生のオススメはスカルプDらしい。ケア用品としては非常によいもの、とのこと。(ただし、発毛効果はないので過剰な期待はしてはダメだと言われた笑)しかもクリニック限定価格、通常の3割引きくらいの値段で買えて、さらにさらに今回初診の方限定で、コンディショナーを無料でプレゼントしてくれるらしい。
もう迷わず買った(笑)診断としてはオイリータイプと、ドライタイプどちらでもOKということだったが、どちらかと言うとベタつきが気になると感じていたので、オイリータイプを選んだ。ただ、上にも書いたように僕の場合、頭頂部は乾燥気味なので、コンディショナーで保湿をしっかりするようにアドバイスをもらった。パックをして、(スカルプDの使用感などについてはまた後ほど記事にします)で、気になる治療費はこの場合診察料3万8,375円!!!!うん、わかってはいたけど高いね……。ちなみに内訳は、初診料が約1万5,000円、DNA検査費用が約2万円。あとはスカルプD代なので、僕みたいにDNA検査を受けなければ、1万5,000円くらいで済む。薬がもらえるのは血液検査が出てからになるので、約一週間後。それまではじっくりと待つしかない……。
薄毛に悩む人の気持ち治るんじゃないかという期待はあるけど、治療の効果が出るかどうかは、症例で見た通り個人差が激しいので、僕のハゲが治るかどうかはもちろん、わからない。しかし今は、病は気からと言うし、治ると信じて治療するしかない。

城西クリニックヘアメディカルについて詳しくはこちら

髪薄くなったねとモロに言われまくったお盆お盆も明けて、明日から仕事です。今年は土日が近かったこともあり、まとめて休みをとったので長い盆休みになりました。盆休みの間は久しぶりに親戚に会う機会が増えたわけですが……髪薄くなったね指摘されることがしばしは……**A’と、しばしばというか正確には3回ほど。まぁ、なんというか。言われなくても空気で分かるんですけどね。こっちを見て「うわー、薄くなっちゃったなー、この人。でもこれって触れちゃダメな話題だよね。黙っとこ。」みたいな顔をするんですよね、口に出して言わない人も。これがいわゆる顔に書いてあるってやつ。そこに、空気読まない人がやってきて「お前、薄くなったな~!」
とモロに言っちゃうみたいな。

    1. 髪本来の美しさを再生する
    1. 薄毛という悩み毛が生えたからといってモテるようになるか?
    1. 手足が今まで以上に毛深く

育毛剤にありがちなべタつきなど

僕としても気にしてるんですけど、ここで黙ってしまうとおも~い空気になってしまうので、「いや~ほんとまいっちゃいましたよね~」とかなんとか、適当に笑ってテンションで乗り切るしかない。親戚の人と話してる間は気を張ってるんで、どんなにハゲをネタにされても大丈夫なんですけど、彼らが帰った後ですげー落ち込むという毎回のパターン|O「完全にハゲ上がる前に結婚せんといかんぞ!がはははは!」って酔っ払ったおっちゃん61歳、フサフサに言われたのは相当ショックでしたが。すでに現状でもかなりキビシイって(苦笑)ホント、全然、親類にハゲがいないのになんで俺だけハゲるんだ。隔世遺伝ってやつなのか。まぁ、こうやってネタにされた方がマシなのかな。触れちゃダメな話題になって、腫れ物扱いされるよりは。とにかく、今は治療を頑張ります’. ω.’薬がもらえない!!急にアメリカに行くことになりました。
降って湧いた無茶ぶりだったんですけど、まぁ、仕事みたいなものなので仕方ありません^_^;:問題はクリニックの方に行くのがだいぶ遅くなることですね。血液検査の結果が大体1週間弱で出て、という予定だったんです。それから薬による治療を開始、しかし、クリニックの盆休みがあり、さらに今回のアメリカ行きが重なり、クリニックに行くのは8月末になってしまいました。それまで薬はもらえません………。AGAの治療は時間がかかるので、薬を飲み始める時期が2週間ずれたくらいあまり気にする必要はないのかもしれないですが、気分的に早く始めたいというか.ω.’できるだけ早く髪の毛を取り戻したいって思っちゃうんですよね。やっぱり、だから、できるだけ早く薬もらえないかなー、と。まぁ、どうやってもタイミングが合わないので行けないんですけど。仕方ないので、薬による治療の開始は8月末からです。ぬを!なんか、焦燥感にも似た歯がゆさというか、やりきれなさがある。早くプロペシア飲みてえ。
院内製剤なので商品名は特についてないんですが、薬効成分は一般にAGA治療に有効だと言われている、フィナステリドプロペシアの有効成分とミノキシジルリアップの有効成分です。約3週間ぶりにクリニックへ何かとバタバタしていたために薬を貰いに行くのが遅くなっていたんですよね。前にも書いたとおり、(薬は血液検査の結果がわからないともらえないので、初診の時はまだ渡してもらえない)今回も初診の時と同様、予約した時間にクリニックへ行く……はずだったんですが、まさかバスの時間を勘違いして、乗り遅れるという失態。クリニックの方に電話して確認したら、ちょっと後の時間でも大丈夫とのことだったので、時間をずらしてもらいました。
先ほどの心筋梗塞は男性の方が発症数が多いです。

髪の毛の成長が完全にストップ

到着したら以前と同じように番号札を渡されます。待合室には僕の他に二人男性がいました。で、ちらりと確認してみると、1人は中年の男性で、まぁ、確かに生え際がだいぶキてるかなという印象。それでも僕よりは全然ハゲてないと思いましたが(苦笑)もう一人は若い男性。僕より若いんじゃないかってくらい。こちらの方は正直、「なんでこのクリニックに!?」ってくらいふさふさでした。カツラなのかな……?
あるいは親類にハゲてる人が多いから、予防で通っているとか?まぁ、さすがにデリケートな問題なので聞けないですけど。そういえば、待合室で患者さんが会話してるところは見たことがないですね。当然かもしれませんが。血液検査の結果がヤバかった座ると程なく呼ばれて診察室へ。そこで先生から血液検査の結果説明。
うん、中性脂肪、ヤバイ会社の健康診断の時は、こんなヤバイ値ではなかったぞ。ちょっと高めではあったけど。507ってなんだ、507って(笑)正常値の上限は149なんですけど。軽く3倍以上っていう。総コレステロール値も基準オーバー。ついでに悪玉コレステロール値も基準オーバー。あと、尿酸ももしかして、僕、すげー不健康?