一般的には茶髪や金髪の薄毛

ますます量が増えます。

いや、会社の健康診断では基準値内でも若干高めだから、ダイエットも兼ねてジムに通ってたのに。
ジムに通っていたにもかかわらず健康状態が悪化していたとは。思わぬ落とし穴。先生から運動しはしてますか?と聞かれたけど、ちゃんとジムに通っているんだよね。少なくとも週3は。ということは、原因は運動不足よりも暴飲暴食が原因なのかも。思い返すと最近間食が多いような。仕事の合間にチョコバーとか食べてるし。「夕方からのがんばりに!」ってやつ。あのうーむ。食生活はAGA治療を抜きにしても見直さなければならぬようです…。中性脂肪がやばかった以外は、至って健康。肝臓に問題もありませんでしたし、何かの感染症にかかったりもしていませんでした。「脂肪分のとりすぎには気をつけたほうがいいけど、薬を服用するのにはなんの問題もない」とのこと。それで晴れて、AGA治療薬をもらうことができたわけです。
AGA治療薬を飲む時の注意点改めてもらった薬を確認すると、フィナステリド、ミノキシジル経口摂取、亜鉛とかのサプリメント、ミノキシジル直接塗るやつの4つです。

薄毛の悩みを抱えている人に共通する点

薬を飲む際の注意がいくつかあって体調不良や発熱してる時は飲まないV飲酒したときは7時間前後は飲まないV他の薬を飲んでいる時は要相談ちなみに僕は他の薬を飲んでいたんですが、どんな薬を飲んでるのかを伝えたら問題ないと言われました。たくさんの種類の薬を飲むと、複合でどんな作用があるかわからないので、できるだけ避けたほうがいいとも言われました。ただ、あと、AGA治療薬を飲んでる間は献血ができません。これは献血した血が女性に輸血されると問題になるためです。(フィナステリドは、妊娠中の女性が飲むと胎児の発育に問題が出る可能性がある)気をつけることはこんな感じですね。実際に飲んでみての感想等はまた、のちのちアップしていきます。
果たして毛は生えるのか!??さて、果たして僕の髪の毛は生えて来るのでしょうか?実は遺伝子検査の結果が返って来ていたんですが、僕はどちらかと言うとフィナステリドが効きにくい体質みたいなんですよね……(遺伝子検査についてはまた別記事で書きます)まぁ、とにかくAGA治療は時間がかかるので、気長に続けてみるしかありません。フサフサになれますように! !(←祈り)若ハゲ番長の遺伝子検査結果遺伝子検査の結果には約1ヶ月かかる、と聞いていたんですが、先日クリニックに行ったら既に結果が返って来ていました。

 

フケが増加します。

(行ってきたのはヘアメディカルグループの城西クリニック福岡です。)この遺伝子検査は初診の時のオプションで、「特に受ける必要はないよ」と先生からは言われたんですが、半ば興味本位で受けてしまいました。で、結果はどうだったのかというと………
平均よりはハゲにくい遺伝子検査の結果は、平均よりハゲにくい遺伝子を持っているという結果でした。確かにこの結果は僕の親類に全然ハゲがいないことを考えると妥当なのかな、と感じます。いや、でも現実にはハゲたんだけど(怒)実際に検査できるのは遺伝子の内のごく一部で、他にもハケゲに関係している遺伝子はあるので、今回検査した遺伝子だけでハゲにくいと断定はできないんですが、1つだけ言えることがあります。
それは、フィナステリドが効きにくいということ。これは統計的に言えることです。今回の遺伝子検査で何を調べたのかというと、CAGリピートとGGCリピートと呼ばれる遺伝子の配列です。(写真をよーく見てみるとCAGやCCGの文字が繰り返してる箇所を発見できると思います)
このCAGリピートの数とGGCリピートの数の合計が、38より小さいとフィナステリドが効きやすく、逆に38より大きいと効きにくくなります。で、僕はこのリピートの合計数が41でした。
なので、平均よりも若干フィナステリドが効きにくい、ということになります。ちなみにフィナステリドの効きやすさとハゲやすさは相関していてハゲやすい=フィナステリドが効きやすいハゲにくい=フィナステリドが効きにくいということになります。ハゲにくい遺伝子を持ってるはずなのになぜ-O正直、ハゲにくいはずなのにハゲたことには理不尽さを感じるんですが……。
「この部位の遺伝子はハゲにくい」というだけなので、他の部位にハゲやすい遺伝子を持っているのかもしれません。
という発想です。あくまでまぁ、遺伝子検査の結果と、フィナステリドの効きやすさの関係はあくまで統計上の話なので、効くか効かないかは実際に飲んでみないとわかりません。(単に、僕のような遺伝子を持っている人は、フィナステリドが十分に効かない確率が平均よりも少し高い、という程度の事)今は効くことを信じて飲むだけです。※ちなみに載せてる写真は僕の遺伝子検査の結果です。遺伝子情報ってある意味究極の個人情報なので、それを世間に晒すのはまずいんじゃないか?と一瞬考えたんですが、どう考えてもこの情報から、個人を特定できないだろ!(笑)ってことで、公開しました。うん、絶対わからないよね

1ヶ月目~初期脱毛でバッサバサ~

AGA治療7日目特に異常なしどうも。残業に飽々してる若ハゲ番長です。最近、誰だ、残業を増やしてるヤツは。悪意を感じるんだけど……。今日で薬によるAGA治療を始めて、7日目。ちょうど一週間です。副作用で死にそうとか、そんなことは全くなく、体は元気そのもの。特に異常はありません。体に異常がないかわりに、(笑)頭髪にも変化はありません何度も書いているように、AGA治療には時間がかかるものなので、気長にやっていくしかないのはわかってるんですが。

    1. 髪型の注文はおかんが勝手に電話で予約するついでにしていた。
    1. 今はすっかり発毛
    1. 一念発起してAGA治療を始め

よくよく見るといささか髪の毛が増えていたのです。

やっぱり変化がないと不安……
しかし、フィナステリド + ミノキシジル塗布+服用を開始して10日になるので、薬が効いていれば、そろそろ初期脱毛が始まるはず。これから気をつけて観察していきたいと思います。現在の頭髪はこんな感じ。特に変化なし………前回から感じていたんですが、自分のハゲた姿を撮影するのは、相当ツライです。死にたくなります。
僕と同じように薄毛で悩んでいる方は、想像に難くないでしょう。治療の記録を付ける意味でも写真をアップしておこうと思ったんですが、自分の禿げ上がった頭を毎回見せつけられるのに耐えられそうにありません。発狂しかねません。このまま続けたら、楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ないですが、頭の画像をアップするのは今回で最後にします。まぁ、誰も「楽しみ」にはしていないでしょうけど(笑)あ、でも、病院で撮影してもらった頭髪の画像はアップします。(人に撮ってもらうのは、自分でとるのに比べたらいくらかマシ)AGA治療はゆっくりしか前進しないので、月1の通院の際の写真を確認すれば十分かと。今月末に通院予定なので、その時に写真をアップすると思います。多分、初期脱毛が始まっているので、前より薄くなっている可能性大ですが(苦笑)それと、このブログは今のところ、僕のAGA治療体験記がダラダラと書き連ねられているだけなんですが、もうちょっと訪問者の方の役に立つようなコンテンツがあった方がいいのではないかと思っています。AGAのメカニズムとか、治療薬のことについてはかなり調べてますし、もともと大学の専攻の関係で、薬に関してはかなり専門的な知識もあるので。そういったことをまとめたコンテンツもこれから作っていきます。執筆の時間確保のため、まずは残業地獄を何とかしないといけませんが(苦笑)ではでは。
AGA治療10日目変化なしどうも、若ハゲ番長です。
薄毛でもモテる人

これが脱毛ということにつながります。

フィナステリド+ミノキシジル内用+外用の治療を開始して、今日で10日目になります。今日も特に変化なし。体に感じる副作用もなければ、毛髪に変化もなし……。いつもブログを見てくださっている方には耳タコだと思いますが、AGA治療には時間がかかります。薬を飲み始めて10日で効果がわかるようなものではないんです。
わかっちゃいるけど……はやく生えてきて欲しいフィナステリドにしてもミノキシジルにしても、使い始めて今日明日に毛が生えてくるものではない、とわかっていても、やっぱり早く効果でないかなーーと期待しちゃうんですよね。AGA治療にあせりは禁物!←自分に言い聞かせているとにかく、過度に期待せず、気長にゆっくりとやっていきます。あ、前回書いた初期脱毛についてですが、ネットの情報だと10日目から始まると言っているものもあれば、1ヶ月くらいしてから始まると言っているものもあり、どれくらいから始まるのかはよくわかりません。ひとつ言えるのは初期脱毛は個人差が激しいということ。ごっそり抜ける人もいれば、まったく初期脱毛を経験しない人もいるようです。ちなみに僕は今のところまったく初期脱毛っぽい気配はありません。
起こるにせよ起こらないにせよ、注意深く観察を続けて行きたいと思います。まぁ、AGA治療14日目 産毛!産毛!産毛発見!!!職場のトイレの洗面台。そこでじっと自分の額を眺めていた。(もちろん、周囲に人がいないことを確認した上で)少ない前髪をかき上げて、額を眺める。じっと、眺める。そんなに変わってねぇなあ。ていうか、そんな急激に生えてくるわけ無いよなぁ。と、思いきや全面撤退を余儀なくされている生え際に産毛が!!!!!産毛!産毛!!