Author:
2011-10-05

人は必ず死を迎えるが、それがいつなのかはわからないものです。昔も今も遺産相続の事で親戚がもめるのは、実際もドラマも良く見聞きする事です。遺産の多い少ないに関わらずついて回る問題ので、最近では、遺言書を元気な間に書いておく人も増え、素人でも簡単に書ける冊子のようなものが書店で売られて話題になり、良く売れているようです。


なぜそのような冊子が売れるかというと、誰でも死と向き合うのは難しい事ですが、子供や親戚が生きている間に遺言書を書いてほしいと言うのは、一般の家庭ではあまり考えられないので、自分の事は自分でと考えるのでしょう。実際、葬式場を自分で予約したり、プランを立てたりされる方もいます。それでも生前贈与や遺産の配分など相続の事はわかり難く、家庭裁判所でもそういう調停などが増えています。そんなことで親戚関係がこじれないためにも遺産相続のプロに相談しておくのも良いと思います。税理士は相続の金額計算や相続税など難しい事を相談できるようです。もちろん報酬は支払わなければなりませんが、慣れない計算をしたり、裁判をする事を考えれば時間も金額もかからずに円満に解決できるのではと思います。


インターネットで検索しても、税理士事務所が遺産相続専門のチームを立ち上げて、それだけのホームページを公開されていたりもします。事業をしていない限り税理士と直接かかわる事が少ない人が多いでしょうが、このように難しい問題を気軽に相談できる場所を作ってもらえているのを知っていたら、相談しようと思う人も増えるのではないでしょうか。

You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.
Leave a Reply