Author:
2009-11-15

キャッシングと言えば、以前は怪しいと感じる会社が多くありました。広く社会問題になり、政府も業務改善命令などの働きかけをし、法整備もなされ、かなりシステムも明瞭になってきました。また、不況の続くなか、銀行から借り入れがしにくい中小・個人企業や、主婦や学生などの定期収入を持たない人が比較的簡単に借りることができるのも、利用者にはメリットになるのでしょう。
お金を借りてもらい、金利でもうけを出すシステムの消費者金融ですので、キャッシングの審査基準は銀行よりも甘くなるのも当然なのかもしれません。各会社で独自の審査基準があるようです。A社では通らなかった審査がB社では通ることも、よくあるようです。自己破産などの経歴があっても、借り入れができる会社もあるようですので、本当に必要なときは何社も相談してみる価値はあります。人間関係に影響を及ぼしかねないお金の貸し借りの問題をキャッシングで解決できるなら、価値のある選択なのかもしれません。
収入のない専業主婦のキャッシングの審査基準はどうなっているのか疑問でしたが、調べてみると、配偶者の給与明細などの証明書があれば、簡単に借りることができるようですし、何もない場合でも少額の貸し付けならしてもらえるところもあるようです。返さなければならないお金を使わなければならないことなのかを考えて、特に主婦の借り入れは自己管理、お金に使われないよう自分をコントロールすることが必要です。

You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.
Leave a Reply